あなたの知らない奇妙な物語

某有名遊園地のお化け屋敷で働いていた管理人による本当にあった怖い話

怖い話

ベルの音

投稿日:

これは中学時代、私の担任だったM先生が中学校で体験した話です。

私の中学校は田舎にあり、全校人数も70名ほどしかいない小さな中学校でした。
中学校がある場所も、民家やお店などからは、少し離れた森の中に位置していたため、生徒はスクールバスで学校に登下校しており、歩いて登校する生徒はほぼいません。下校時に生徒を乗せたスクールバスが学校を出てしまうと、もはや校舎には誰も生徒はおらず、教師だけが残っているということになるのです。

そんな生徒が全員下校してしまった中学校でのことです。
夏のある日、M先生は夜遅くまで、学校に残って仕事をしていました。他の先生は皆、仕事を片付け先に帰ってしまったので、ひとりのんびりと仕事をすることにしたのです。

夜になって、外は日中の暑さが嘘のように涼しくなっていました。M先生は夜風にあたりながら仕事をしようと、職員室にある冷房のスイッチを消し、窓を開け、廊下に面した出入り口の扉を開けました。

ただ、なにせ森に囲まれ、人里離れた中学校です。夜になると外からは虫の鳴き声と、森の木々が擦れる音しか聞こえてきません。それに、外は明かりがひとつふたつ、あるばかりです。
夜風の気持ちよさとともに、少し寂しさを感じたM先生は、その寂しさを紛らわせようと、テレビをつけ、音をとても小さくして、仕事することにしたのです。

しばらく仕事をしていると、突然どこからともなく、

「チリンチリーン」
「チリンチリーン」

と自転車のベルの音が遠くから聞こえてきました。

その瞬間「え?」とM先生は顔を上げました。同時にゾクゾクっと背筋が凍りました。
なぜなら、この中学校の周辺は森に囲まれ、人がこんな夜に歩いて学校にやって来るなんて考えられないからです。

しかし、確かに音は聞こえました。その音は、職員室の前の廊下の先の方から聞こえたようにも感じましたが確かめるすべもありません。廊下の先は、体育館へつながっています。M先生は音が聞こえてきた方に聞き耳を立て静かにしていました。

横目にテレビの画面が見えました。何かのCMが流れていました。
それと同時に「あっ」と思いました。自転車が映っていたのです。
「なんだ、CMか…」
M先生は、ホッとしました。テレビの音はとても小さくしていたので、自転車の音が遠くから聞こえたように感じたのだと思いました。

 

仕事を終えて、M先生も自宅に帰りました。
テレビをつけてリラックスしていると、先ほどと同じ自転車のCMが流れていたのです。ぼーっと眺めていたのですが、そのCMが終わった時、M先生は“はっ”と息をのみました。

そのCMの中で、自転車のベルの音はしていなかったのです。

唖然としました。やはり聞き間違いではなかったのです。
廊下の先の体育館の方から聞こえた、あのベルの音は一体何だったのでしょうか。
もしかしたら、自転車に乗った霊が、暗闇の中にともる明かりに導かれて、やってきたのかもしれません。

-怖い話

執筆者:


コメントを残す

関連記事

死体安置室の老婆③

やがて、その足音の主が『死体安置室』の入り口から顔をのぞかせました。一瞬だけ顔を確認したあと、完全に身を隠しました。その顔は“おばあさん”でした。顔はシワだらけで、髪の毛は胸のあたりまであったのを覚え …

死体安置室の老婆②

「死体安置室」には棚が所狭しと並べられ、その棚には大きな麻袋がいくつも置かれています。 おそらく“昔”の病院という設定なのでしょう。その麻袋の中に死体が安置されているということなのだと思います。 その …

死体安置室の老婆①

これは今から十数年前、私が大学2年生の夏にあった出来事です。 大学が夏休みということもあって、大学のある神奈川から久々に実家に帰ってきました。 夏休み中、特にこれといってする事もなかった私は、なにかア …

妙な手首

夏の寝苦しい夜に起こった不思議な出来事をお話しします。 先輩のSさんの話です。彼女はとても霊感が強い女性でした。 そのSさんがまだ中学生の頃、いつものように眠りにつこうと、部屋の電気を消して布団に入り …

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

最近のコメント

    アーカイブ

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。